おかげさまでではトータルご利用者数21.2万人突破しました
引越し料金ガイドモバイルQRコード

QRコードにご対応の携帯電話をお持ちならQRコードを読み取るだけでモバイル版引越し料金ガイドのURLが表示されます。携帯版もPC版と一緒で引越し業者100社以上から料金の一括見積もりがとれます。今すぐに見積もりがとれない方は携帯でどうぞ。

引越し見積もりのポイントとコツ

引越し見積もりのポイントって?

引越しが初めてという人にとっては、まず何から手をつけていいかわかりません。

「見積もりをして安い業者に決めようかな。」

多くの人はそこで見積もりをしますが、実際はどうやったら安くなるのか?どうやって料金は決まるのか?

引越しと一言でいっても、いろいろなポイントやコツがあります。これを知っておくと見積もりするときにとても便利です。

引越し業者の対応

見積もりは複数社から

これはコツでもあり、注意でもありますが、最低でも3社以上から見積もりをとります。

面倒だからといって、1社だけ見積もりをして、妥当な金額であれば依頼をしてしまう人が多いです。

それでは他の業者と比べることがないので、受注意欲やサービスの違いがわかりません。

業者を調べる

料金が安ければ良い!というだけでなく、しっかりとしたアフターフォローがあるか、対応や作業は丁寧か。

そういった料金以外でのサービスも重要です。

そこで知っておきたいので、業者の口コミです。

大手企業などCMやチラシで既に知名度もありますが、実際に体験した人の意見が一番の参考になります。

業者を決める1つの手段として、知っておいて損はありません。

すぐに決定しない

見積もりはインターネットから簡単に出来ますが、実際の下見は面倒だし時間もないといって

最初に下見にきた業者に決めてしまうことがあります。

これが大きな落とし穴で、「今決めてもらえれば、破格の条件でやります!」と言う業者が多いです。

しかし3社見積もりをしてから、決めたほうが自分も納得の引越しが出来ます。

要望を伝える

下見にきた業者に必ず要望を伝えましょう。最初にメールで送られてきた見積もり額ではなく、

エレベーターがないなどの状況によって、追加料金になる場合もありますので要注意です。

せっかく下見にきたので、自分の要望をしっかり伝え、気持ちよい引越しをしましょう。

荷造りのコツ

引越し業者も決めて、さぁいよいよ引越し!となった時に次は荷造りです。

当日になって慌てずスムーズに引越すため、荷造りのコツを紹介します。

使用しないものからまとめる 不用品は早めに捨てる ダンボールに詰めすぎない
使用しないものからまとめる
来客用の布団や、冠婚葬祭用のスーツなど使用頻度が低いものからまとめます。
不用品捨てる
もったいなくて捨てれない・・・それでは一向に作業が進みません。思い切っていらないものは処分しましょう。
ダンボールに詰めすぎない
重いものをたくさん詰めて、運ぶ時に腰を痛めたら大変です。無理のない程度にまとめましょう。
重いものは下に、軽いものは上に 貴重品は自分専用に ダンボールには名前を
重いものは下に、軽いものは上に
荷物をダンボールにつめる時の絶対条件です!逆は禁物なので気をつけましょう。
貴重品は自分専用に
貴重品を盗まれても 引越し業者の保証対象外になるので、自己責任でしっかり管理しましょう 。

ダンボールには名前を
どこにどんな荷物が入っているか一目でわかるようにしておきましょう。

隙間をつくらない 部屋ごとに分けておく 頻繁に使用するものは分けておく
隙間をつくらない
ダンボールに隙間があると、荷物同士がぶつかって破損する場合があるので、隙間は新聞紙などで埋めましょう。。
部屋ごとに分けておく
家族で引越すときなど、荷物の量が多いので、「子供部屋」「リビング」と部屋で分けておきましょう。
頻繁に使用するものは分けておく
洗面用具や食器など引越し後、すぐに使用するものは、別のダンボールにわけておきましょう。

1分で完結!!引越し会社100社以上から無料で一括&お得にネット見積もり!!

見積もりをスタート

-

郵便番号検索
  • 単身
  • 家族
  • オフィス